順番待ちするカピバラ、アボガドを食べるアリクイ等に魅せられた件

奇界の車窓から / 順番待ちするカピバラ、アボガドを食べるアリクイ等に魅せられた件

2017.06.09

世界中の奇妙な場所を撮影し続ける写真家・佐藤健寿。ここ「奇界の車窓から」では、写真集に載せるほどでもないけど、ちょっぴり奇妙だった写真を紹介してもらいます。今回は、ちょっと奇妙な動物たちが登場します。

「行ったけどなにもない。UFOあるある」

スミ
新刊、出ましたね。読みました。
佐藤
おお、ありがとうございます!
スミ
面白かったです。百科事典みたいに一家に一冊あった方がいいですね。
佐藤
そうですね、何かわからない現象に遭遇したらパッと調べて欲しいです。
スミ
本にも載っていた「うつろ船」は僕も行ったことがあります。
佐藤
え、あの浜にですか?
スミ
はい。行っても特に何もなくて、滑り台で遊んで帰ってきた記憶があります。
佐藤
UFOあるあるですね。現場に行っても特になにもないという。
スミ
なるほど、UFOあるあるなんですね。今思い出したんですが「うつろ船」のモニュメント的なものが滑り台を兼ねていたと思います。
佐藤
記念碑ですか? それは知らなかった。
スミ
その時の記事です。
http://portal.nifty.com/2008/09/11/a/3.htm
佐藤
「伝説に迫る」というタイトルと記事の淡白さのバランスが素晴らしいですね。
スミ
全然迫れなかったので。
佐藤
「この話しの舟は、今日のUFOか潜水艦の類と考えられます。SF的には、未来人の乗ったタイムマシンや別の次元の人かもしれません」この突き放した解説も投げやりな感じでグッときますね。
スミ
あらゆる可能性を残した書き方ですよね。これはUFOですか?
佐藤
強いて言えば上の構造がちょっとアダムスキー型っぽいかなと・・・。
スミ
アダムスキー型って、メジャーな型ですか?
佐藤
どメジャーですね。UFO描けって言われたら8割ぐらいの人が書きそうなタイプです。
スミ
なるほど。江戸時代にアダムスキー型のUFOが流れ着いてたなんて、ロマンですよね。
佐藤
スミさんの締めの一文「3時間半かけて東京に戻らないといけないなんて、信じられない」もいいですね。これもUFOあるあるです。
スミ
佐藤さんはそういう思いをたくさんして来たわけですね。
佐藤
僕もオーストラリア最大のUFO多発地帯の牧場まで片道500km運転していって、牧場のロバの写真だけとって帰ったことがあります。
スミ
規模感がすごい! もうそうなったらロバをなんとか宇宙人に思い込みたいところですね。
佐藤
オーナーは「UFOがでると電話がノイズで混線する」とか言っていて一泊したんですが、
スミ
ええ、
佐藤
特に何もなかったです。
スミ
なんだ!
佐藤
その時の写真。
https://www.instagram.com/p/ZvbH0zJICI/?taken-by=x51
スミ
壁に宇宙人の絵が描いてありますね!
佐藤
ええ、オーナーが目撃した宇宙人が描かれてました。
スミ
オーナーは本当に目撃してるんですかね?
佐藤
古くは第二次大戦中から目撃が続くらしいので、出ることは出るらしいです。
スミ
それを聞いたら行きますね! 500kmあっても!
佐藤
そうですね、達成感ですよね。聖地巡礼的な。
スミ
白いロバが崇高なものに見えてきました。
佐藤
白いことに意味があるのかなと勘ぐったり。
スミ
この白いロバも気になりますが、今回のアウトテイクスはどんな写真でしょう?

「順番待ちするカピバラ、無の境地のレッサーパンダ」

佐藤
動物園が好きで、割と取材先の近くにあると立ち寄ってしまうんですが、

カピバラの温泉

スミ
うわっ!カピバラですか?
佐藤
ええ、ここは那須動物公園ですね。
スミ
カピバラの温泉?
佐藤
そうです。寒すぎてカピバラの温泉に順番待ちができていたという。
スミ
ちゃんと順番待ちするんですね、カピバラって!
佐藤
そうなんですよ。綺麗に並ぶものだなと。ちゃんと行列折れてますからね。
スミ
もう少し大きい湯船にしてあげたらいいのに。
佐藤
普段は多分空いてるんでしょうけど、この日は極寒だったせいで。ちゃんと一匹出ると一匹入るという感じで、感動しましたね。
スミ
へぇー! カピバラって協調性があるんですね!意外です。

無の表情をしているレッサーパンダ

佐藤
これはレッサーパンダなんですけど、ものすごく無の表情をしていて。
スミ
ボケてのお題に出てきそうですね!これ。
佐藤
猫の喧嘩を眺めてましたね。
スミ
あっ、正解は「猫の喧嘩を見てる」ですか!
佐藤
あ、そうです。
スミ
最高ですね、この表情。
佐藤
ええ、とりあえず見てるけど退屈なんだろうなという。
スミ
スナフキン的な哲学性も感じます。
佐藤
傍観者的な。あまりにも動かないんで、最初剥製かと思ったんですよね。
スミ
あっ、ずっとこんな感じだったんですね。瞬間を捕らえた訳ではなく!
佐藤
そうです、そうです。人間のことも特に眼中になく、虚無の目で猫たちを見てましたね。
スミ
この人、完全に悟ってますね。

マヌール猫の喧嘩

佐藤
一方の猫はこんな感じで激しい場所取りをしていました。
スミ
ハハハハ! 無の境地のレッサーパンダと陣地を取り合う猫。風刺画のようです。
佐藤
この猫もマヌール猫という割と希少種で、お見合い中だったんですが、完全に険悪な関係で。それを退屈なレッサーパンダが傍観するというシュールな光景が最高でした。
スミ
素晴らしい光景です。Tシャツにしたいですね。
佐藤
動物園の写真集を作ったらこのレッサーパンダを表紙にしたいですね。
スミ
表4は争う猫ですね。
佐藤
別のカットもあるので載せておきますね。

無の表情をしているレッサーパンダ2

マヌール猫の喧嘩2

「マイケルはもやもやしなかったのか問題」

群馬のサファリパークでのマイケル・ジャクソン

群馬のサファリパークでのマイケル・ジャクソン来日記念グッズ

群馬のサファリパークでのマイケル・ジャクソン来日記念グッズ2

スミ
いきなりマイケルですね!
佐藤
これも同じ動物園で、群馬のサファリパークなんですけど、動物より何よりこれがグッときてしまって。
スミ
マイケル動物が好きですもんね。
佐藤
ええ。そのマイケルがサファリパークでバスの中から動物をみるという光景を想像すると、なんかモヤモヤする感じがいいなと。
スミ
もやもや?
佐藤
サファリパークの形式って動物好きからすると多少モヤっとする感じはあると思うんですが、マイケルはここを見てどうだったんだろうと。
スミ
確かに難しいところですよね。人工的な自然ですもんね。
佐藤
ええ。割と批判なんかも浴びがちだと思うんですけど、そこにきてこの笑顔のマイケルはなんかいいなと。
スミ
いろいろあるけど、ウイ・アー・ザ・ワールドって感じでしょうね。
佐藤
そういうことだと思います。色々あるけど。
スミ
バブルスも来たんですかね?
佐藤
ああ、どうなんでしょうね。バブルスはお留守番かな。暴れそうですもんね。バスの中で。
スミ
このサファリパーク、面白いですね。
佐藤
ここはいいですよ。日本屈指のサファリパークですから。
スミ
お気に入りの動物園とかって他にあったりします? ここはおすすめ的な。
佐藤
うーん、有名どころでだと宇都宮動物園とかですかね。
スミ
宇都宮ですか!
佐藤
動物単体ではなく、遊園地込みのところはいいですよね。
スミ
遊園地と動物園の複合施設なんですか?
佐藤
井之頭公園の動物園なんかもそうですけど、遊具がやたら古くて
スミ
ちょっと安全性の心配が、、、宇都宮動物園のサイトみたら、カバの歯磨きとかやってて楽しそうですね。
佐藤
私設だそうです。

アリクイ

スミ
いきなり何ですか!
佐藤
アリクイが下品な格好でアボガドを食べてました。
スミ
アボガドって!オシャレなもの食べてますね。
佐藤
おしゃれなものをだらしない感じで食べてましたね。
スミ
アリクイなのにアリは!
佐藤
そう、アリの代わりがアボガドというのもよくわからないですけど。
スミ
あ、そうか。シティ派ですね、こいつ。
佐藤
全然アリじゃなくても良かったんだという。アイデンティティに関わる問題ですよね。
スミ
改名を検討しないと。
佐藤
アリも食えます、みたいなことですから。
スミ
アリモクイ。

アリクイ2

スミ
憎めない可愛さがありますね、このアリモクイ。
佐藤
ええ、たくさん写真を撮ってしまいました。
スミ
夏休みは宇都宮と群馬を巡る旅行を検討します。
佐藤
いいですね。渋い観光エリアです。
スミ
その辺りにUFOスポットがあれば完璧ですね。
佐藤
昼は動物園、夜はUFO。いい夏休みだと思います。
スミ
バスツアーでもいいですね。バスの中ではXファイルとか観ながら。
佐藤
いいですね。ぜひスミさん企画してください。
スミ
その時は、佐藤さんのガイドでお願いします!

特集

お知らせ

エステー おすすめCM

  • 洗浄力
  • 消臭力
  • ムシューダ
  • 脱臭炭
  • 米唐番
  • シャルダンステキプラス
  • ドライペット

エステー CM動画一挙公開!

Copyright © ST-Coporation All Rights Reserved.
- エステーQ -