エステー宣伝部ドットコム

サブチャンネル-その他22020.09.19

エステーCM博物館 2017年・2018年のCM

西川貴教さん出演CM一覧

2017年 洗浄力 CM「地球を救う」篇

2017洗浄力地球を救う力

西川さんに商品を使った時の気持ちよさを伝えていただきたい。そこで、『地球を救う』篇では西川さんに全く関係のないシーンに突然現れてもらうことにしました。スタッフは人間が切羽詰まった時は何かと考え、それは地球に危機が訪れた時だと答えを出しました。ハリウッド映画のようなSFタッチの宇宙船を舞台に、いまにも隕石が地球に衝突しそうな緊迫した状況。地球最大の危機が訪れ、艦長が決断を迫られます。そこに突然西川さんが現れるという、いつもとは雰囲気の違うCMとなりました。

撮影に登場する宇宙船は本物の美術です。監督の石井さんがやたらすごい宇宙船を作りたいと言い、美術スタッフの技術を結集して作りました。宇宙船から見える宇宙の風景もふんだんにCGを使い、西川さんの出演もわずか3.3秒。CMにしてはちょっと豪華すぎたかもしれません。

2017年 消臭力CM「愛と平和と消臭力」篇

『愛と平和と消臭力』篇はCMのテーマに沿って歌から作ったCMです。当時を知るスタッフは、クリエイティブディレクターの篠原さんが「小鳥が必要です!」と言い、絶対に引き下がらなかったと語ります。たしかに、歌詞の中には「消臭力をかっておいたら 小鳥やってきた~♪」、映像にも窓の外から青い小鳥がやってきたシーンがあります。篠原さんのこだわり(?)が詰まったシーンにもご注目ください。

撮影では一日がかりでいろんなシーンを撮りました。西川さんがレジに並ぶシーンでは、スタッフにお財布を渡された西川さんが「財布ってどっちの手で開けるんだっけ?」と確認する場面もありました。そんな西川さんですが、モヒカンにカットするシーンは一発OKでした。

撮影の合間、西川さんは「この場所、実は以前撮影で来たことがあるんです。その撮影がかなり押していたので、待ち時間に消臭力のCMを完コピして、ツイートした場所だったと思います。」とスタッフに話していました。実は、この日のスタジオは2011年に西川さんが『消臭力のうた』を完コピした思い出の場所だったそうです。

2018年 消臭力CM「仕事を遊ぼう」篇

昨今の“働き方改革”という大きな社会テーマに、“働く”とは一体何かを楽しくポジティブに考えました。CM内では西川さんがおしゃれサラリーマンに扮し、がむしゃらに働きながらもどこまでも楽しそうに、どこまでもポジティブに、どこまでもカッコよく、高らかに歌い上げます。西川さんが歌うCMソングも、仕事で多忙な日々を過ごす皆さんや毎日頑張っている皆さんに向けた応援歌となっています。

この日の撮影場所は5箇所、カット数は19にも及ぶ、まさにがむしゃらな1日でした。西川さんは早朝から公園で撮影し、住宅街でムッシュ熊雄とぶつかり、雨の中タクシーで撮影し、そしてエステー本社にやってきました。西川さんがエステーを訪れるのはこれが初めてで、突然会社に現れた西川さんに社員はビックリしました。会長や社長をはじめ、約50名の社員が西川さんとの撮影に臨みました。

2018年 消臭力Premium Aroma CM「プレミアムな進化論」篇

消臭力Premium Aromaのプレミアム感を伝えるため、“進化”をテーマに作りました。映像に合わせて西川さんと消臭力、そして音楽も進化していくプレミアムなCMです。

音楽制作では音楽家の宮井英俊さんとクリエイティブディレクターの鹿毛さんがタッグを組み、かつてないCMソングを作りました。実は、歌詞に合わせてまったく異なるアレンジの3曲を1曲にまとめました。終盤に向けて壮大さが増し、まさに“進化”していく一曲となっています。「西川貴教~♪」の部分にはT.M.Revolutionをイメージしたシンセサイザーをこっそり入れました。さらに、この仮歌はずっと西川さんの歌を聴いてきた宣伝部の花子が担当しました。仮歌を聴いた西川さんは「なにこれ?!壁に頭を打ちつけて空っぽにしないと歌えないよ!」と言い、曲の後半は西川さんがアレンジして歌ったそうです。

この撮影では監督の石井さんから「西川貴教~♪」のシーンで昔の西川さんを演じて欲しいという要望があり、西川さんには2012年の消臭力CM『チカラにかえて in リスボン』篇をイメージした衣装を着用いただきました。スタジオに7年前の姿で現れた西川さんに、思わず「タイムスリップしたみたいで懐かしい!」「西川さんは年をとらないの?」と感じたスタッフ一同でした。

2018年 洗浄力モコ泡わトイレクリーナーCM「モコモコ」篇

実は企画のいいアイデアが思い浮かばず、スタッフが思い悩んだCMです。ある日、CMプランナーの青木美菜代さんは制作会議に向かう準備をしていました。青木さんが急いで会社を出ようとした時、ふと羊のイラストが目に留まります。「これだ!」と思って羊のイラストと“モコモコ”とだけ描き、会議資料として持ってきました。それを見たスタッフも「これだ!」と言い、『モコモコ』篇が誕生しました。

撮影ではスタジオに劇用車のバスが登場。西川さんや出演者、スタッフが乗り込んで撮影が始まりました。その日のメイキングカメラを担当していたスミマサノリさんと宣伝部の花子は、バスに乗る西川さんをカメラに収めようと必死でした。しかし、窓ガラスに照明が反射し、なかなかいい映像が撮れません。そこで、窓越しなら西川さんも気づかないし、自分たちも緊張せずに撮れるだろうと思った2人は、こっそりバスに近づき西川さんを撮影することに。しかし、あっという間に西川さんに気付かれ、その場からそそくさと逃げて行ったそうです。

撮影後、西川さんの誕生日(9月19日)をサプライズでお祝いしました。スタジオに突然登場したバースデーケーキに、西川さんは「きっと今年最後の誕生日ケーキだ!」と喜んでくださいました。ろうそくの火を吹き消して「みんなで食べましょう!」と提案してくださり、みんなで切り分けておいしくいただきました。

オンラインブース

プロフィール

西川 貴教
西川 貴教
生年月日/1970年9月19日
出身地/滋賀県出身
出演CM/消臭力 / 洗浄力

1970年9月19日生まれ。滋賀県出身。1996年5月、ソロプロジェクト「T.M.Revolution」としてシングル「独裁 -monopolize-」でデビュー。キャッチーな楽曲、観る者を魅了する完成されたステージ、圧倒的なライブパフォーマンスに定評があり、「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」「WHITE BREATH」「INVOKE」など大ヒット曲を連発する。故郷滋賀県から初代「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、県初の大型野外ロックフェス「イナズマロック フェス」を主催、地元自治体の協力のもと、毎年滋賀県にて開催している。
2016年5月にはT.M.Revolutionデビュー20周年を迎え、オールタイム・ベストアルバムをリリース。オリコンアルバムチャートで1位を獲得し、2017年5月には20周年プロジェクトの集大成として、さいたまスーパーアリーナ2days公演を開催。
2018年からは西川貴教名義での音楽活動を本格的に開始。
2019年3月に1stアルバム「SINGularity」をリリース、全国ツアーを開催。
NHK 2019年度後期連続テレビ小説「スカーレット」に俳優として出演するなど、多岐に渡り新しい挑戦を続けている。

この記事を書いた人

はなこ
エステー宣伝部見習い 花子
 

エステー特命宣伝部の花子です。「西川貴教さんと一緒にお仕事がしたい」という夢を叶えるため、エステーに入社しました。2019年4月にはエステー特命宣伝部を設立し、今度は「エステーを応援してくださる皆さんともっと一緒に楽しみたい」「もっとたくさんの人にエステーを好きになってほしい」という2つの夢も叶えるため、大切な仲間である皆さんとゼロから挑んでいます。座右の銘は「人生の岐路に立ったら西川貴教で選ぶ」です。

ページ上部へ戻る