エステー宣伝部ドットコム

花子とトリバ便り
花子とトリバ便り

れいなちゃん。大丈夫だよ。ゆっくりゆっくり。

トリバです。ほんとうに大変残念なお知らせをしなければいけません。8/16からのミュージカル赤毛のアン、田中れいなちゃんの出演を見送らせて頂くことになりました。稽古直前に体調を崩すことになりました。

皆さん、どんな想いで応募ハガキをたくさん書いて応募してくれたことか。お気持ちを考えれば考えるほど、そして、れいなちゃんの気持ちを考えるほどに即座の交代はしたくないと思いました。れいなちゃんのアンを見ていただきたい。その思いで可能性を信じて判断をギリギリまで伸ばしました。

出演者スタッフそして私もれいなちゃんの回復、復帰、稽古参加を望んで待機しました。でも時間だけが過ぎていき、今にいたりました。

ご本人は回復に向かわれているそうですが稽古時間が取れないことが最大の理由です。

どうか皆様、れいなちゃんの完全回復を一緒にお祈りしてくださいませ。私はずっと毎晩お祈りしております。

このタイミングでのお知らせご報告、ほんとうにごめんなさい。

そして、赤毛のアンを待ってくれている人のためにも、最大できることを全てやり尽くして前に進みたいと思います。

これを読んで頂いている皆様も、何卒コロナにお気をつけくださいませ。

れいなちゃん大好きなトリバ

なお、詳しいことは赤毛のアンホームページにて。

「CM音楽祭」を勝手にスタートさせていただきます。

エステーは歌の力を信じてCMを作り続けてきました。
2011年に悲しい出来事が起き、そして今はコロナ禍の中でちょっとストレスフルな生活を味わっています。
特にこの10年、毎年違う空気が流れていきました。
そんな中、私たちは明るく前向きな生活を音楽をテーマにした消臭力CMで応援できないかと制作放送してきました。
消臭力は部屋やトイレの消臭芳香剤です。世の中を大きく変革するような商品ではありません。
ただ生活に寄り添う商品であることには誇りを持っています。

ちょっとだけ空気が変わればと毎年お届けしたCMソングを10年分収録しました。
西川貴教さんをはじめプロのアーティストに参画していただき新たな「CM音楽祭」のCMを作りました。

ほんのちょっとだけ「空気をかえよう」。

「CM音楽祭」を勝手にスタートさせていただきます。

放送予定はこちら https://www.st-sendenbu.com/special/syousyuuriki/ からご覧ください。

トリバ

消臭力新CM「2021西川貴教」篇、完成しました。

『2011年、ツイッター発で生まれた西川貴教さんとの絆』

西川貴教さんとは、2011年東日本大震災直後のご縁でCMに参加していただくことになりました。
それから10年が経ち、コロナ禍の今に至っています。

ミゲル少年を起用した消臭力のテレビCM放送が開始されたのは、2011年4月のことです。
津波と地震で6万人が亡くなったポルトガルのリスボンを背景に、少年がラララと歌うだけのCMです。

2011年4月日常に戻ろうと願いをこめた消臭力「唄う男の子」篇

放送開始から4日後、2011年4月26日の夜でした。
ご縁のはじまりとなった実際のツイート

このつぶやきを、複数の西川さんファンが教えてくれました。これがご縁のはじまりでした。

私は西川さんのコンサートにお邪魔します。そこで知ったことがあります。
西川さんが震災直後からアーティスト仲間を巻き込み、チャリティや募金活動をされているという事実です。
この方とならば、と西川さんにCM出演をお願いし、ご快諾いただきました。

消臭力「夢の共演」篇

そして西川さんファンの皆様と一緒に、この10年を過ごしてきました。

大スターに対しておこがましい表現でしょうが、私にとってはどこか戦友のような、一緒にコトを起こしてくれる仲間でした。
撮影中も一緒に企画を考えてくれました。

消臭力チームみんなで鍋をつつくように企画考案

さらには、
このサイトに遊びにきてくれる方、エステー特命宣伝部員、ツイッターフォロワーの皆さん、たくさんの仲間のおかげで10年やってこられました。
1年1年の皆さんの想いと積み重ねが、10個あったということです。

心から感謝しています。

『歌の力を信じて』

エステーは「空気をかえよう」をスローガンに活動しております。
「消臭力」は消臭芳香できる商品としてだけでなく、それを象徴する大切な商品です。
だから、その時代に「空気が変わる活動ができれば」とCMを制作し、
放送してまいりました。

コロナ禍で私たちは「人と会えない」ストレスを抱えています。
もう少しでそこから抜け出せるかもしれない。
今、大切なことはなんだろう。
そんなことを思いつつ、このCMに少しだけ気持ちを込めました。
今必要なのは「ボケたらツッコむ」という、人と人の優しいやりとりなんだろう。
西川さんの音楽の力をお借りしました。

2021年10年の想いがつまった消臭力「2021西川貴教」篇

たかがCMですが、
エステーのスローガン「空気をかえよう」の活動の一つとしてご覧くだされば幸いです。

西川さんの音楽活動で実際に演奏されているバンドメンバーに集結していただきました。
バックボーカルには、元モーニング娘。高橋愛さんと田中れいなさんにも参加していただきました。
センターを務めてきたお二人に「バックコーラスで申し訳ないです」とお詫びすると、お二人は笑顔で「こんな大切なCMの場所にいられることは、とても幸せです」と、言ってくれました。

これまでの10年間、エステーと一緒に、
時に真面目に、時に馬鹿馬鹿しく、この活動を背負ってくれた西川貴教さん。
それを後ろで優しく支えてくれる「愛れな」。

西川さんを優しく支えて心を込めて歌う愛れな

不思議な撮影でした。

『特別なTシャツをみんなで着て』

映像に写っているTシャツは、今回の撮影のためだけに作りました。
あるスタッフの発案で作りました。
「10th TNNK」というロゴが入ったTシャツの裏面には、
この10年の歴代「消臭力」CMの作品名が入っています。
まるでツアーTシャツです。

西川さんのツアーTシャツデザイナーさんに作っていただいたオリジナル消臭力Tシャツ

そして、出演者だけでなく数十人の制作スタッフ全員も着て、撮影をしました。
このTシャツを着た西川さんが撮影当日ツイッターで披露すると、
沢山の人が「それ素敵」「売ってください」と呟かれましたが、
残念ながら販売ができません。

なんらかのカタチで少しでも皆さんの手に届かないか、と考えて、
西川さんのチャリティイベントにプレゼントできたらと計画を立てています。

撮影現場の空気ができるだけ伝わるポスターも作りました。
これも何かのカタチで皆さんに届けたいと思います。

『最後に。』

今回の新CMの曲以外にも沢山の収録をしています。
おそらく8月になったら、どこかでお知らせできると思っています。

エステーCM祭りは、まだまだ続きます。
皆さんのご参加をお願いします。

トリバ

2021消臭力おもちゃ箱バナー

「お祭りC M」できました。

出かけたい!。花火をやりたい!。夏を楽しみたい!。
そんな皆様のご要望に勝手にお答えして「お祭りC M」を作らせていただきました。

世界的ダンサーDA PUMPのKENZOさんが指導した超絶ダンス!
「髙橋愛&田中れいな&米唐番ガールズ」による圧巻のパフォーマンス!

ご縁があってKENZOさんにダンスを作っていただき、さらには撮影日に指導をしていただき、というか撮影前日にも現場で指導していただき、というか撮影後に一緒に踊っていただき、深く感謝しております。私トリバと生まれ故郷が近いこともあり、共通に知っている「美味しいうどん屋さん」のお話も気さくにしていただき、

KENZOさんは、とっても良い人でした、というお知らせをさせていただきます。

急遽、結成した米唐番ガールズの皆様、素敵でした。
愛ちゃん、れいなちゃん、ますます私はあなたたちのヲタになりました。

ちなみに、撮影後にれいなちゃんがKENZOさんに「一緒に踊ろう!」と無茶ぶりして実現した「KENZO、愛れな、米唐番ガールズ」のダンスはすごかったこともお知らせします。

そのときの映像がこっそり「スミキシャ」に納められているということも、お知らせします。

いよいよ夏ですね。米唐番使ってください。

トリバ

そろそろ前を向こうかな。

こんなに長いこと、あるしゅの我慢をさせられるなんて、思ってもいませんでしたよね。

論理的にはわかっているけれど、
恋をしたい、
人に会いたい、
歌いたい、
踊りたい。

家でYouTubeでNiziUを見ていたら、なんだか心が晴れてきました。
K-POPってなんだかスカッとするなあ。かわいいなあ。

家で昔のドラマを見ていたら、人に会いたくなりました。
トレンディドラマって恥ずかしいけど、しみじみするなあ。

あー愛ちゃんに会いたいなあ、れいなちゃんに会いたいなあ。

そんなことをずっと思っていたら、
脳の中でグチャグチャに「それら」が料理されて
今回の脱臭炭CMになりました。

あんまり深いこと考えなくてもいいんじゃないかな、今は。

さあ、スカッとしよう。
愛たん、れいなたん、脱臭炭。

トリバ

脱臭炭 / おもちゃ箱

トリバ、本書きました。

私トリバがビジネス本を書かせていただきました。
「心」が分かるとモノが売れる。

「皆さん」ツイッターフォロワーさんのことも書かせていただきましたのでご報告します。
単なる「モノを買ってくれる人」ではなく、皆さんは私の大切な仲間であることをビジネス書の体裁で書かせてもらいました。
ちょっと固い話になっていますが、お許しください。

最後のページには勝手ながらSpecial Thanksとして
「ツイッターフォロワーの皆さん」の文字を入れさせてもらいました。

いつもご支援してくれる皆様への感謝の気持ちを刻みました。

▽本情報
https://www.kagekoji.jp/books.html

トリバ

ネタばれ注意!。CMから先にみてください。

ネタばれ注意です。こちらのCMを先にみてください。
https://www.st-sendenbu.com/omocha/1767/

「むっしっし~♪」ムシューダCMは第4弾になります。
第1弾は2018年4月に放送しました。
その時、CM好感度第1位になるという快挙。
10年前に西川貴教さんとミゲルが共演した消臭力CM以来の出来事でした。

そんなわけで、皆さんに喜んでもらえるならと、いつの間にかシリーズCMが生まれています。

一見すると同じようなCMに見えるかもしれませんが、これでもない頭を絞って作っています。
虫さんたちは若手のお笑い芸人さんたちです。
TVなどでは、まだたくさんは見かけない方々だけれど、
頑張ってもっとメジャーになってね、と声をかけています。
毎年、撮影時期になると虫さんたちの方から「そろそろ撮影ですよね」とお便りがきます。
そんな性格の良い虫さんたちですが、やっぱり本物の虫はよけたほうが良い。

今回は、熊雄の兄さんが登場します。
10年前、熊雄が動物園に遊びに行くと白熊の着ぐるみを着てアルバイトをしていた兄さんと再会する、
というCMを作りました。
それから兄さんはリカちゃんと結婚し、彼ら家族は激動の人生を歩んでいます。

今回のCMでは、どうしてタンスの中から兄さんが出てきたのかはわかりません。
企画した私もわかりません。
でも、再会できたことはとても嬉しいことです。
コロナ禍で人と再会できることは嬉しいものです。
だから、熊雄と兄さんは再会したのかもしれません。

ちなみに、兄さんの名前は熊真呂です。

トリバ

10年ぶりのCMです

私、トリバがちょっとお手伝いしている東北の塾、ベスト個別学院。
「東北を復活させるには人づくりが重要なんです、手伝ってください」と言われて、かれこれ4年が過ぎました。

2021年2月新しいCMを放送したその日、福島県の郡山の本社をまた地震が襲います。
通っている数千人の子ども達全員に安否を確認したという連絡を、社長から受けました。

2011年から10年が経ちました。
1755年に地震と津波で街は崩壊したけれど、僅かな期間で復興をとげたポルトガルのリスボン。
そこでミゲルがオーディションにやってきて、
そして西川貴教さんに出会い、
福島のいわき市でCMを撮影し、
皆さんから「ありがとう」の言葉をたくさんいただく。

いろんなことがありました。
そして今に至っています。

そのミゲルのCMを3月1日の月9ドラマで放送します。
西川貴教さんとミゲルが初めて共演した1分CMを3月8日の月9ドラマで、
そして3月11日の西川貴教のちょこっとナイトニッポンでラジオCMとして放送させていただきます。

あれから10年、皆さんが、それぞれの生き方をされていることに、
コロナ禍で、毎日を前に進んでいることをお祈りして、
そして、
感謝の気持ちを込めて。

いろんな気持ちを込めて。

トリバ

おもちゃ箱_消臭力CM-2011年制作

ちょこっと心の振動企画。

2021年が始まってもう1ヶ月がたちました。
皆さんとはずっと会えていないけれど
きっと頑張ってそれぞれの生活をされていることと思います。

心を目一杯振動させるイベントがなくても
今まで何とも思ってなかった日常の一つ一つに心を動かす
そんなことを試されているんじゃないかな。
朝起きることだって、掃除することだって、
ちょっとだけ心を込めたら、自分の生活も愛おしくなる。
そんな気持ちを込めて昨年、消臭力CMを作りました。

西川さんが、
「来年は10周年になりますね」と言われました。
何気ないことだけど、お祝いの気持ちを持って
お祝い前夜祭みたいな気持ちで
昔放送したCMをラジオで流すことにします。

ちょっとした企画ですが、
ちょっとだけ心の振動ができたらいいな。
2月の「ちょこっとナイトニッポン」で
ちょこちょこ流します。

ちょこっと心の運動をしてください。

シクラメンにひっさしぶりに会いました。
みんな元気にしてました。
ベスト個別学院のCMも東北エリアの
2月のどこかで放送されると思うので
楽しみにしてください。

トリバ

あけましておめでとうございます。トリバ

今年もよろしくお願いします。

特命宣伝部のコーナーをちゃんと作りました。トップページの一番したにあるので、良かった見てください。

今日は真面目にエッセイを書きます。

せっかくだから見てください。

『効率だけを追求することだけが幸せじゃない』よね。

コロナになって思うんですけど、外に出れなくなって、ほんとウーバーイーツは便利だよね。でも便利なぶん、人に会ってないからなんだか寂しいです。幸せじゃない。

企業がやるSNSも私は思うのですが、Twitterを単なる告知場所とだけ捉えるのはなんだかもったいない気がしておりました。Twitterだからできること。それはお客様との会話だと思う。フォロワー数をあまりに気にせずに絆の濃い人と関係をつくるという今までにないことができます。

絆がほとんどない、心のやりとりがゼロに等しい人のフォロワー数100万人よりも、心の会話ができる、つまり絆のある1万人の方が遥かに幸せだと思ってます。そしていまは、私のフォロワーさんとの関係はとても心温まるものです。

数年前に、一緒にこの活動をやる花子(愛称)という部下が現れました。もっとフォロワーさんと絆を作ってファンベースドマーケティングみたいなことをを始めたいと提案したら「私はファンという言葉が大嫌いです。なんだか私たち企業側の方が上みたいじゃないですか。その言葉は使わないでください」と叱られました。

言われてみるとその通りで、14年間やっていて、フォロワーさんという言葉に気持ちの悪いものを感じていることに気がつきます。

twitter社が決めた言葉なので仕方のないことなのですが、フォロワーという言葉は「後ろからついてくる人」だったり「ファン」だったり極端には「家来や従者」みたいな意味合いをもっているわけですから。

私たちは「エステー特命宣伝部員」という新たなクラブをつくることにしました。そして花子とルールを決めました。ここに参加する全ての人は自分たちも含めて、誰が上だとか下だとか関係ないというものです。おかげで私と花子も上下関係がなくなり、その後は花子にズバズバものを言われるようになってしまいますが。

そんなわけで今年も『お仲間』でいてください。ここに来てくれる人はみんな仲間です。

今年もよろしくお願いします。

丑年の鳥、トリバ

ちなみにですが、

*私トリバが何故か、日本を代表する電通、博報堂の超大物スーパーウルトラクリエイターと座談会しました。効率だけじゃないよねという話を真面目に語っています。博報堂さんのサイトに掲載されてます。良かったら見てみてください。

(良かったらでけっこうです)

超真面目なクリエイティブ話

鹿毛康司×古川裕也×嶋浩一郎が解き明かす「クリエイティブは、コストか? 投資か?」

【アドテック東京2020レポート】

https://www.hakuhodo.co.jp/magazine/87471/