エステー宣伝部ドットコム

花子とトリバ便り
花子とトリバ便り

高橋愛ちゃんと夢の共演

こんにちは、花子です。

‪今夜放送の月9ドラマ『ラジエーションハウス』より、ムシューダの新CMが放送開始しました。‬
今回のCMでも、高橋愛ちゃんとムッシュ熊雄、そして虫たちによるシュールな世界が広がっています。‬
皆さん、よかったら感想を教えてくださいね!

‪さて、今回のオンエアの裏では、メイキングのほかにもこっそり公開された動画があります。‬
‪それは、『高橋愛ちゃんのムシューダ使い方講座』です。

実はこの作品の中で、高橋愛ちゃんの隣に花子が出演させていただきました。
めちゃくちゃ嘘っぽいですが、本当の話です。

上司のトリバからの「おまえも出るんだからな、これ業務命令だから。」
始まりはそんな一言でした。

正直、愛ちゃんやファンの皆さんにどう思われるかすごく心配で、気が気じゃありませんでした。
愛ちゃんの隣に並ぶのも恐れ多いのに、カメラの前で一緒に演技できるのか。
本当に不安で、とても申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

撮影当日。
撮影時間が近づくにつれて、頭が真っ白になってしまいました。

衣装にしわができていないか。
髪型が崩れていないか。
メイクが落ちていないか。

いろんなことが頭をよぎり、普通でいられなくなりました。
“いつもの気持ちと姿でいること”がこんなに難しいとは思わず、出演者の皆さんが見せていない努力を改めて感じました。

そして、撮影。

おうちでたくさん練習したのでセリフはなんとか出てくるのですが、顔が笑ってなくて。
監督のトリバには、何度も「えがお、えがお」とダメだしされました。

そんな時、ニコッと笑って肩をたたいて私を励ましてくれたのは、隣にいた愛ちゃんでした。
愛ちゃん、本当にありがとうございました。

ちなみに、その様子をスミさんが記録してくれています。

愛ちゃんのやさしさにたくさん救われた花子なのでした。

ムシューダCM

花子

エステー特命宣伝部、はじめました。

こんにちは、花子です。

本日4月1日、皆さんといっしょに活動する『エステー特命宣伝部』が誕生しました。
絶賛エイプリルフールなんですけど、本当の話です。

個人的な話になってしまいますが、私花子がエステー宣伝部に異動して一年が経ちました。
ツイッターをきっかけに、たくさんの方に出会いました。

楽しかったこともたくさんあったけど、時には落ち込んで弱音を吐いた日もありました。
でも、ツイッターを開けばいつもそこには皆さんがいました。
頼りないところばっかりだけど、たくさん応援していただいて、何度も勇気をもらいました。

そんな皆さんと、もっとたくさん会って話したい。
皆さんともっといろんなことに挑戦してみたい。
次第にそう思うようになりました。

どこまでもみんなの手づくりで、みんながいなければ実現できない私たちだけの場所。
私たちはその場所に『エステー特命宣伝部』と名付けました。

『エステー特命宣伝部』にどんな想いを詰め込むのか。
どうやったら皆さんに参加してもらえるのか。
どんな活動をしていけばいいのか。

実は昨年末から準備してきました。
みんなでたくさん話し合いました。

例えば、『エステー特命宣伝部』を表現するイラスト。
この想いを絵に込めるために、外部のプロではなく、フォロワーさんにお力を借りたいと思いました。

無茶なお願いだとは思いつつ相談したところ、快く受けてくださり、こんな素敵なイラストを描いていただきました。

特命宣伝部員

こちらを描いたのは、前にトリバと花子のイラストを描いてくださった、もちこさんはのちゃんです。
急きょお願いしたにも関わらず、お二人でやり取りをしてくださって、細かいところまでこだわって描いてくださいました。

もちこさん、はのちゃん。
本当にありがとうございました!

このほかにも制作をお願いしているイラストがあります。
少しずつ公開していくので、そちらもお楽しみに。

いよいよ、いとをかし丸の旅がはじまります!

エステー特命宣伝部員大募集

花子

「フォロワーさん」と「西川貴教さん」と「私」

イベントなどでファンの皆さんとお会いしたとき
どうしたって西川さんの話になる。
私は普通に話してるつもりなんだけれど、
撮影なんかで近くにいたことが話題になると
「いいなあ」と真顔でうらやましがられます。

そういう時、どう振る舞えばいいのか
わからなくなる。

どうしていいものかわからないから
ついつい、それ以上は踏み込んでお話できなくなって
当たり障りのない会話で終わったりします。

西川さんは大スターだけど
私にとっては
CMで出会った大切な仲間であるし
ちょっと違う存在でもある。

そうやって8年が過ぎ
部下に西川貴教大ファンの花子がやってきて
「ちょっと皆さんに壁つくってるんじゃないですか」と
指摘されました。

そんなつもりはないんだけど、
そう見えるんだろうなあ。

西川さんを通して私のツイッターをフォローしてくれる人たちがいて。
ゆるやかな関係だけど独自のつながりができてきました。
西川さんファンであると同時に、みなさんは
フリーのライターさんだったり看護師さんだったり
学生さんだったり、スナックのママさんだったり、
会社経営者さんだったり、専業主婦さんだったりと
当たり前なんだけど普通に生きている愛すべき仲間でもあります。
そして、消臭力を使ってくれたりエステーを応援してくれる大切な
人たちです。

先日、西川さん熱烈ファンである部下の花子に連れられて
名古屋で行われた西川さんのイベントに急遽参加しました。
カツ丼食べている時に思い立って
新幹線に乗って現地へ行きました。

西川貴教の初アルバムのリリースイベント。

とても寒い外でCD引換券を手に入れ
その紙を手に握りしめて長い列で長い時間まつことになります。
西川さんが直接、CDを手渡ししてくれるというイベントです。
なかには朝から待っている人や東京や福岡からやってきた人もいます。

わずか30分のラジオ収録と
これまた、ひとりわずか数秒のCD手渡しのために
時間を過ごすファンの皆さん。
同時に
私のツイッターのフォロワーさんで
顔馴染みならぬ「ツイッター馴染み」の人たちが大勢そこにいる。

そもそも私はスターなんかではないし
いち参加者として堂々とそこにいられるわけです。
普通に皆さんと会話できるはじめての体験です。
ツイッター仲間と
とても自然に心地よくお話できました。

私のツイッターには西川さんファンだけでなく
ほかにも多くの人たちが集まっています。

こういう交流が普通にもっとできればいいなあと
ツイッターを超えたなにかができればいいなあと
いま、いろいろ準備しています。

あ、そうそう。
CD手渡しの時に、
西川さんが私を発見して
「なんで、ここにいるのよお」とちょっと笑顔で
私の手をパンパンと叩いてくれました。 笑

高田鳥場
Takada no Toriba

田中れいな。赤毛のアン。

赤毛のアンのアン・シャーリーは特別な人ではないんですよね。

人の中には悲しみがあり、優しさがあり、怒りもある。

人に甘えたい気持ちもあれば、一方でひとりでがんばらなきゃという思いもありますよね。

誰の中にもアン・シャーリーはいると思ってます。

そして田中れいなの中に私は沢山のアンを見つけました。

彼女はアン・シャーリーそのものです。

田中れいな、いま赤毛のアンになる

高田鳥場
Takada no Toriba

あー!言いたくてしょうがない!

言いたくてしょうがない秘密ごとってありますよね。

例えば会社の人事情報なんかやばいです。

あの部署にあの人が異動するなんてことを
知ったものならもうたいへん。

「秘密にしてくれるなら」なんて枕詞を使って
じぶんに口実をちゃんと作っていいたくなる。

もちろん「ここだけの話」なんて
絶対に守られないのだから
結局は正式な発表までは口外せずに
我慢するわけです。

そんな言ってはいけないことを数ヶ月もかかえていると
いやになっちゃいます。

今月末の2月28日夜。

そんな「ここだけの話」を言えるタイミングをむかえます。
Twitterのライブ配信で
数ヶ月分の想いをしゃべりまくろうかな。

高田鳥場

高田鳥場
Tkakada no Toriba

エステーじゃないCMを時々作っております。

高田鳥場です。ひょんなことから、時々エステー以外のCMを作ることがあります。

先日は、RCCさん(広島エリア)のRCC Play ! http://play.rcc.jp 告知CMを作らせてもらいました。日本でも先がけてウェブサイトでテレビ番組の見逃し配信やライブ配信が無料で見られるというお得なサービスです。

「ランキンLand!」という番組の企画の一環として作らせてもらったのですが、とても貴重な体験をさせてもらいました。

CMは練りに練って企画を考え撮影して完成させます。だいたい数ヶ月かけて準備するのですが、今回は数時間でやってのけるというものです。

ご存知のとおりテレビは毎日放送されるたくさんの番組をつくっていくプロ集団です。数ヶ月かけて15秒をつくる我々とは全く違う考え方や技術がそこにあります。

CM出演者は本物のアナウンサーさん達とテレビ局の部長さん。

セットも実際にニュースを読む本物のセットやアナウンス室、会議室、そして玄関なども使わせてもらいました。

本物のアナウンサーさんたちは台詞を噛みません。見事に噛みません。どんな状況でも撮影するテレビのカメラマンさんもそこにいます。長い尺の編集に慣れているエディターさんもそこにいます。

いつものCM制作スタッフとは全く違う筋肉をお持ちの皆さんと数時間で3本のCMを作ってしまいました。(こちらでみれますがさがしてくださいね。→http://play.rcc.jp

とてもテレビ的なCMが完成したのですが、これはこれで自分にとって不思議な体験でした。

今は誰でも撮影して編集する時代ですが、テレビの作り方、CMの作り方、ネット映像の作り方、いろんな手法が生まれて面白い時代になっていることは確かです。

そして「テレビは旧で、ネットは新」だというステレオタイプに片付けてはいけない気がしました。それぞれの良さで、どんどん新しいワクワクするものが生まれたら良いなあと思いました。

テレビの凄さを再発見する貴重な機会をいただいたRCCさんに心から感謝します。

本日、広島エリアだけで制作模様が30分近く放送されたのですが、ひょっとしたらRCC Play!で、アップされるかもしれません。珍しいシーンがたくさんありましたので、その時は是非ご覧ください。

そして、東北の塾「ベスト個別学院」のCM(https://best-kobetsu.co.jp/tvcm/)が今日発表されました。東北の復興は教育からという強い信念で経営されている社長さんに賛同してご協力したものです。消臭力CMの制作スタッフも参加してのこの作品。

覗いてみてください。

高田鳥場
Takada no Toriba

西川貴教さんのファンクラブ向けツアー申し込みが締め切られましたね。

4月からはじまる西川貴教さんのツアー。西川さんを神と崇めたてまつる花子も、もちろん申し込んでいるようです。

西川さんというビックアーティストがあえて小さな会場を選んだものだから抽選は激戦になりそうな予感です。

「花子、チケット落選したら俺と関係者席にいれてもらおうか」と声をかけたら

「大人は汚い!自分のお金で行くものです!」と厳しく説教されました。

普段は「給料安い!もっとあげろ!」とおっしゃる花子ですが、自分の生き方や想いに忠実に生きて、お金を使う。ちょっとえらいと思った。

人って損得だけでは生きてないんだよね。企業のサイトも商品を売る売らないの損得でないものがあっていいんじゃないかなあ。

そんな想いでエステー宣伝部ドットコムをはじめています。

よかったら、このサイトをお気に入りにいれてもらったら嬉しいです。また、ユーチューバーのチャンネル登録もしてもらえたら超絶嬉しいです。

高田鳥場
Takadanotoriba

エステー宣伝部ドットコム 

エステー宣伝部ドットコム

昨晩へんな夢をみました。胃のあたりを誰かがぐいぐい押してきて、しかも上手に下から上に押してきて気持ち悪くて起きました。おまえ!寝てるのに胃を押すんじゃねえとかなんとか叫びながら、そして目が覚めてトイレに向かったわけです。夢ってのは凄いなあ。これって見事なクリエイティブだもんね。

夢は私の胃の不調を見事に表現してくれて、さらには起こしてもくれました。「夢君、ありがとう。」なんて感謝はしないけれど、考えてみたら夢ってのは凄いもんだね。

起きている時に気分が悪くなったとしても、こんな表現しないもんね。むしろわかりやすいように説明していると思う。

夢の中の表現が伝わるのか。
起きている時の表現が伝わるのか。

広告の世界ではどちらも必要なんだと思います。実際には夢でCMが作れるわけでもないから現実の世界でちゃんとクリエイティブを産み出す「ひと」が必要になります。それもたくさんの「ひと」がいないと成り立たないんだよね。

やっぱり仲間って重要なんだよね。

クリエイティブをつくってくれる仲間、
出演してくれる仲間、
サイト運営をしてくれる仲間。
そして、いっしょに「それ」に参加してくれる仲間。

どうか暖かいご支援をお願いします。
仲間になってください。

あつかましいお願いですが、このサイトをお気に入りにいれてもらったら嬉しいです。また、ユーチューバーのチャンネル登録もしてもらえたら超絶嬉しいです。

エステー宣伝部ドットコム 

仲間といっしょに
エステー宣伝部ドットコムはスタートします!。

高田鳥場
Takada no Toriba

「エステーQ」から「エステー宣伝部ドットコム」に改名いたします。

2004年。

このサイトはそもそも「エステー宣伝部ドットコム」という名前で産声をあげました。

さらに飛躍するためにと2017年3月に「エステーQ」に改名いたしました。

理由はなんとなくです。

なんか名前変えたらすごいことが起きるのではないかと

そう思ってやってみたのですが、なにも奇跡はおきませんでした。

気がつきました。

変えるべきなのは私自身の姿勢とやる気だと。

反省いたしました。

改名と同時に、さっそく

花子に「前向きな姿勢」と「やる気」を持つという任務を与えました。

4週連続ユーチューバー動画をつくって更新します!

私は毎週金曜日に必ず「ほぼ書かない日記」を書きます!。

毎週書きます。

高 田 鳥 場
Takada no Toriba

2018年10月15日今日のエステーQわ。

思えば、2011年に西川貴教さんとツイッターで出会って今にいたっています。日本でいろんなことがおきて、STAND UP! JAPANという活動をしている西川さんと震災復興から立ち直った街を背景に歌うミゲルが出会ったのがこの年です。

その翌年に、西川さんはCM撮影の為にそのリスボンへ一緒に行ってくれました。

西川貴教というロックアーティストがその頃、我々エステーCM制作人が抱いている同じ思いでいてくれることに不思議な運命と感動を覚えました。エステーは『日常に戻ろう』をテーマに情報発信していた頃です。

その2012年の西川さんと2018年の西川さんが今回の新CMに登場します。撮影時に2012年そのままの西川さんが目の前に現れたときは、タイムスリップしたかのような衝撃を受けました。7年前と全く外見が変わらないのですから。

西川貴教さん

西川さんの活動はどんどん進化していきました。西川さんが滋賀県の琵琶湖で主催するイナズマロックフェスは、今や日本を代表するイベントになりました。あの時の西川さんと今の西川さんは外見も活動もどんどん進化しているはずだけど、やっぱり身体の中に存在する『優しさ』や『人をとことん思いやる気持ち』は変わっていません。

ひとは歳を重ねるごとに変わるものと、それでも変わらぬものがある。人類は進化するけれど、変わらぬものもある。変わってはいけないものがある。

そんな壮大なテーマに乗せて、消臭力プレミアムアロマのコマーシャルをつくりました。

消臭力プレミアムアロマ/おもちゃ箱