エステー宣伝部ドットコム

サブチャンネル-その他22020.09.19

エステーCM博物館 2019年・2020年のCM

西川貴教さん出演CM一覧

2019年 消臭力CM「CM消臭力」篇

西川さんが“空気を変えろ”というミッションに消臭男士として挑戦。音楽も映像もこれまでとは違う、新時代の消臭力CMを制作しました。

西川さんは新たに“西川貴教”本人名義での音楽活動を開始し、自分自身の空気だけでなく、世の中の空気までも変えようと挑戦していました。そんな西川さんに刺激を受け、消臭力CMも空気を変えようと挑戦しました。音楽制作にあたっては西川貴教1stアルバム『SINGularity』を聴き、ライブに何度も足を運びました。西川さんとファンの皆さんがコール&レスポンスする姿を見て、CMソングに合いの手を入れました。映像制作にあたっても西川さんが主題歌を担当した映画『刀剣乱舞』を鑑賞し、撮影には殺陣やワイヤーアクションを取り入れました。

衣装は西川さんのライブ衣装等を手掛ける早瀬昭二さんに担当いただき、西洋と和と融合した剣士のような衣装を作っていただきました。実は制作する上での条件がたくさんあり、早瀬さんもなかなか納得のいくシルエットが描けず苦労した一着です。毎日シルエットと向き合っても前に描いたものから進化がなく、一週間以上毎日考え続け、50枚を超えるシルエットをデザインしてやっと生まれたのだそうです。衣装の細部には“TNNK”ロゴを始めとした西川さんの衣装だからこその遊び心も存分に詰まっており、早瀬さんこだわりの衣装となっています。

CMが完成する最後の編集には西川さんにもお越しいただき、音楽の細部にまでアドバイスをくださいました。この日は隣のブースでムシューダのラジオCMの収録も行っていて、なぜか西川さんも参加してくださいました。収録のためにやってきた小さなお子さんには「マーベラスだ!」と言われ、笑顔で声をかけていました。『ライブ』篇を収録している時には「“だけど”じゃなくて“だから”でやって!」と指示を出し、ラジオCMの制作にも携わっていただきました。休憩中にはみんなでT.M.Revolutionの『魔弾』のMVを鑑賞したりと、ちょっぴり不思議な一日でした。

さらに、放送開始翌日にはツイッターのトレンドに“消臭男士”が入りました。これはおそらくエステー史上でも初の出来事で、皆さんとの絆があってこそのトレンド入りです。本当にありがとうございました。いつかまた、消臭男士さんに会いたいですね。

2019年 洗浄力CM「マラソン」篇

通常はCMプランナーの篠原さんと鹿毛さんがCMの企画を考えますが、今回は鹿毛さんが「今回はみんなで考えよう!」と言い出しました。そこで、制作会社のプロデューサー、広告会社の営業、広告主の宣伝部もそれぞれ企画を考え、6人で本気の企画コンペをしました。しかし、撮影時間の都合で5本だけ撮影することになり、スタッフは忖度なしで企画を選びました。その結果、1人1つずつ企画が通り、6番目だった花子の企画が落選となりました。その企画は西川さんが道端に捨てられた洗浄力を拾って帰るという内容で、スタッフからは「本当のゴミかわからない!」とツッコミが入りました。

CM撮影はとてもハードで、西川さんも「俺には働き方改革ないの?」とジョークを交えるほどでした。なぜなら、撮影前日の西川さんは京都にいて、撮影当日の始発の新幹線で現場にやってきたのです。到着後もすぐに準備し、撮影に臨みました。しかし、西川さんはいつものようにスタッフへ声をかけ、みんなを笑わせたり、時に鋭いツッコミを入れたりと、終始明るく賑やかな撮影となりました。そんな西川さんは撮影翌日もライブに出演し、その足でラジオのオールナイトニッポンでパーソナリティを担当しました。そしてまた京都へと戻ったという噂です。

2020年 消臭力「いま伝えたいこと」篇

いま自分たちが何をすべきかを考え、“空気を変えるぞ”をテーマに制作しました。CM撮影は2020年3月12日に行い、西川さんと私たちの想いをCMに込めました。

撮影は朝早くから始まり、一日かけて行いました。西川さんは街中や岬などの様々な場所を全力疾走し、CMの最後に「空気をかえるぞ!」と全身全霊で叫びました。早朝の寒空の下でも、何度も全力で走った後でも、笑顔を絶やさない西川さんの明るさにスタッフはとても励まされました。撮影の合間には、西川さんがしみじみ「(2011年から)もう9年も経ったんですね。」と呟いていました。

2020年 消臭力 DEOX トイレ用CM「西川さんの意見」篇

『西川さんの意見』篇では新発売となった消臭力DEOXが登場。ラジオパーソナリティに扮する西川さんが自分の知らない消臭力を渡され、商品パッケージやエステーに対して率直な意見を述べてしまうというCMです。

西川さんはニッポン放送『西川貴教のちょこっとナイトニッポン!』を長年担当し、エステーも放送開始からずっと応援してきました。撮影には台本が用意されていましたが、西川さんは「とりあえず撮ってみよう!」とほぼリハーサルなしの状態で撮影がスタート。撮影中は西川さんがラジオで話している時のような飾らない言葉もたくさん飛び出し、完成したCMでもそのまま採用されました。撮影もたったの3テイクで、ほとんどがアドリブでした。西川さんの演技は30秒CMにも15秒CMにもびっくりするぐらいピタっと収まり、西川さんの凄さを改めて実感しました。さらに、西川さんはセリフごとにわずかな間をあけて話し、その後の編集も考えて演じてくださいました。西川さんのラジオパーソナリティとしての堪能さだけでなく、西川さんが消臭力チームして長年携わってきた責任までも感じる撮影でした。

そんな完璧すぎる西川さんにも、実はおっちょこちょいなエピソードがあります。撮影後、西川さんは次の予定にこの衣装を着たまま向かったのですが、撮影機材のマイクもつけたままだったのです。それに気付いたマネージャーさんが慌てて現場に戻り、マイクを返却してくださったそうです。

さいごに

西川さんのなにげないツイートから始まったご縁も、気づけば9年目となりました。
あれからみんなちょっぴり歳をとってしまいましたが、変わらず元気にやっています。

来年はいよいよ10年目。
西川さんとの100年契約も残り90年になります。

いつだってストイックで妥協せず、常にまわりに気を配られ、決して努力を見せない西川さん。
エステーのCM撮影でも、カメラの前にはいつも我々の想像をはるかに超える西川さんがいます。

そんな頑張り屋さんの西川さんを、エステーはこれからもずっと応援していきます。
時には一緒に悩みながら、これからも世の中の空気を変えるCMを作っていきましょう。

9年間本当にありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いします。

エステースタッフ一同より

オンラインブース

プロフィール

西川 貴教
西川 貴教
生年月日/1970年9月19日
出身地/滋賀県出身
出演CM/消臭力 / 洗浄力

1970年9月19日生まれ。滋賀県出身。1996年5月、ソロプロジェクト「T.M.Revolution」としてシングル「独裁 -monopolize-」でデビュー。キャッチーな楽曲、観る者を魅了する完成されたステージ、圧倒的なライブパフォーマンスに定評があり、「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」「WHITE BREATH」「INVOKE」など大ヒット曲を連発する。故郷滋賀県から初代「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、県初の大型野外ロックフェス「イナズマロック フェス」を主催、地元自治体の協力のもと、毎年滋賀県にて開催している。
2016年5月にはT.M.Revolutionデビュー20周年を迎え、オールタイム・ベストアルバムをリリース。オリコンアルバムチャートで1位を獲得し、2017年5月には20周年プロジェクトの集大成として、さいたまスーパーアリーナ2days公演を開催。
2018年からは西川貴教名義での音楽活動を本格的に開始。
2019年3月に1stアルバム「SINGularity」をリリース、全国ツアーを開催。
NHK 2019年度後期連続テレビ小説「スカーレット」に俳優として出演するなど、多岐に渡り新しい挑戦を続けている。

この記事を書いた人

はなこ
エステー宣伝部見習い 花子
 

エステー特命宣伝部の花子です。「西川貴教さんと一緒にお仕事がしたい」という夢を叶えるため、エステーに入社しました。2019年4月にはエステー特命宣伝部を設立し、今度は「エステーを応援してくださる皆さんともっと一緒に楽しみたい」「もっとたくさんの人にエステーを好きになってほしい」という2つの夢も叶えるため、大切な仲間である皆さんとゼロから挑んでいます。座右の銘は「人生の岐路に立ったら西川貴教で選ぶ」です。

ページ上部へ戻る